会社設立の仕方 『株式会社設立パーフェクトパック』〜会社を設立し、それ以後の必要な手続きまで【全て】網羅!!〜 株式会社 OMコンサルティング  口コミ

 

詳細はコチラ





私、株式会社OMコンサルティングという会社の代表 岡本と申します。


私たちは、法務や事務、人事労務、マーケティングなど、
会社経営に関わる分野のプロフェッショナルが集まったコンサル会社です。

今までに400社もの会社の支援をさせていただき、
会社設立にも100社以上関わらせていただきました。

そんな経験の中、せっかく自力で会社を設立し、お金を節約したのに…

 それ以上のお金を損した会社、
 損しそうになり私たちがなんとか救うことができた会社

そのような会社を数々見てきました。


実は会社設立は登記だけで終わりではないのです!

・税務署、県・府税事務所、市役所への税務書類の届出
・社会保険事務所、労働基準監督署、公共職業安定書への人事・労務書類の届出


これらの手続きをする必要があるのです。


その手続きをしていなければ…

本来、受けられるべき特典が受けられず、
何十万円、場合によっては何百万円も損をするのです。

また、下手をすると罰せられる・・・なんてこともありえるのです。


私は専門家に任せているから大丈夫・・・と思っていても、
もしかしたら損をするかもしれません。

確かに、司法書士は会社を設立する際の、登記に関してはプロです。
それは間違いありません。

しかし、会社設立・設立以降の手続きに関してはほとんど無知です。

中には指摘してくれる方はいるかもしれませんが、何もできません。

また、他の専門家を紹介してくれるかもしれませんが、
しかし、せっかく節約したお金をこれらの専門家に取られることになります。


 税務10万円〜36万円
      (月額顧問料3万円の場合・・・基本的に税理士は顧問契約)
 労務20万円      (社労士の中には顧問契約をとる方もいますが・・・)

合計30万円〜56万円以上もの金額がかかるのです。

しかもこの司法書士のフトコロには・・・



つまり・・・

自力で会社を登記し安く設立できたと思っても、
登記後の手続きで30万円〜56万円以上ものお金をとられる、

もしくは、
手続きしないことによって、後でお金を損する。

下手をすれば、罰せられることもあるのです。


詳細はコチラ


私は財務コンサルタントという立場上、たくさんの会社を見てきました。

あと数十万あれば…会社が飛躍できるというところで倒産、
なんて悲しい出来事も経験しています。

会社設立時の56万円は本当に大きな金額です!

56万円あれば、

  家賃も払えます
  人も雇えます
  苦しい時期の1ヶ月以上の生活費にもなります


そんな大切なお金を無駄遣いしていただきたくない!
そして、その節約したお金で絶対に成功していただきたい!

という想いから、今までにない会社設立キットを作成しました。



詳細はコチラ